logo

ウィルコム、保険医療福祉分野の公開鍵基盤「HPKI」のライセンスを販売

松田真理(マイカ)2009年07月14日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムは7月13日、保険医療福祉分野の公開鍵基盤「HPKI(Healthcare Public Key Infrastructure)」を利用するためのICカードドライバーライセンスを7月下旬より販売すると発表した。

 これは、ウィルコムが三菱電機グループからICカードドライバーライセンスを取得したことで可能になったもの。HPKIとは、2006年に厚生労働省の「保健医療福祉分野PKI認証局証明書ポリシ」によって策定された電子証明書。医師、薬剤師、看護師といった25の保健医療福祉分野の国家資格、病院長など4つの医療機関の管理責任者資格を認証する。

 HPKIを利用すると、医師資格を持っていることを示す電子署名を付けた電子紹介状(診療情報提供書)や電子診断書を医師が電子的に作成できる。また、受け取り側は、作成者情報や医師資格の有無、データの改ざんがされていないことなどを電子的に検証できるという。

 なお、今回販売されるライセンスは、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)のJAHIS標準08-002「HPKI対応ICカードガイドライン」に準拠しており、ICカードPKIアプリケーションに対応している。

 ウィルコムは、電磁波が微弱で医療機器や人体への影響が少ないというPHSの特徴を生かした、医療機関向けのソリューションサービスを展開している。HPKI標準ICカードドライバーライセンスを販売することで、医療情報の通信に必要なインフラをウィルコムが一括して提供できるようにする考えだ。

willcom.jpg 「HPKI」を利用する際のイメージ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]