logo

机の上に立つペンギン、お腹にバッテリ--キャラクター王国中国トンデモケータイ - (page 4)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中身もペンギンづくし!

 電源キーを押すと、3Dグラフィックっぽいペンギンの輪郭が回転しながらディスプレイに表示され電源が入る。このあたりもかわいい本体のキャラと微妙にズレているのが面白いところだ。そして待ち受け画面やメニュー画面はペンギンだらけ。ペンギン形なんだからペンギン好きな人が買う、ってことであちこちにペンギンが登場するようだ。特にメニュー画面では機能ごとにペンギンが違った表情でアニメーションするのもかわいい。一方で一部メニューに登場するペンギンは明らかにキャラクターが違う(笑)。このあたりの適当さ加減が中国らしいぞ。

 機能は至って標準的だが、トンデモケータイとしては低スペックだ。画面がタッチパネルじゃない、SIMカードが1枚しか入らないない、TVチューナーが入っていない、などなど。Bluetoothを搭載しているのがせめてもの救いだろう。ま、価格も1万円しないし機能より見た目重視なのだからこのあたりは仕方ないところ。てか、このキャラケーに機能を求める人はいないんだろう。

 そうそう、パッケージに200万画素と説明のあるカメラ。起動してみるとやはりVGA画質だった(トホホ)。しかも画面が小さいし画質は暗いしでカメラの実用性は無し。うーん小型カメラくらいには使いたかったなぁ……

電源投入後はサイバーなペンギンが現れるものの、待ち受け画面はベタなイラスト 電源投入後はサイバーなペンギンが現れるものの、待ち受け画面はベタなイラスト(※画像をクリックすると拡大します)
メニュー画面でがんばるペンギンたちをご紹介 メニュー画面でがんばるペンギンたちをご紹介(※画像をクリックすると拡大します)
アプリによってはキャラがなんか少しずつ違ってきている(笑) アプリによってはキャラがなんか少しずつ違ってきている(笑)(※画像をクリックすると拡大します)
そういえば本体の後ろ姿はまだだった。後頭部にカメラとスピーカーを備えている そういえば本体の後ろ姿はまだだった。後頭部にカメラとスピーカーを備えている(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]