logo

Warner MusicとYouTube、ライセンス交渉を再開か--消息筋が明らかに

文:Greg Sandoval(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年07月13日 10時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今から6カ月前、Warner Music Groupのミュージックビデオのライセンスをめぐる同社とYouTubeの交渉が決裂した。それ以来、The Red Hot Chili PeppersやDeath Cab for Cutie、Green Dayといったアーティストのオフィシャルビデオクリップを求めるユーザーは、落胆を感じている。

 2人の消息筋によると、両社が新たな交渉を開始したことで、こうした状況が変わる可能性があるという。両社はこの半年のうちに何度か交渉を行ったが、最近の何回かの話し合いはより深く踏み込んだ内容だった、と消息筋は述べた。

 消息筋によると、正式には何も決まっておらず、両社が何らかの合意に達するには、まだ長い時間を要するという。しかし、YouTubeとWarner Musicのちょっとした冷戦状態は緩和しているのかもしれない、と消息筋は付け加えた。

 Warner MusicとYouTubeの関係者は、コメントを避けた。

 YouTubeはWarner Musicのビデオに関するライセンス契約の更新を検討していたが、両社は2008年12月に袂を分かった。

 この膠着状態は、Warnerが競合他社に提示されている条件と同等の契約に固執した結果、発生した。別の音楽業界消息筋は、YouTubeとWarner Musicの交渉決裂にはそれよりも遙かに複雑な要因があると述べたが、詳細は明かさなかった。

 YouTubeは12月以降、4大レコード会社におけるほかの3企業(Universal Music GroupとSony Music、EMI)とライセンス契約を締結した。YouTubeは、再びすべてのメジャーレーベルのビデオを提供できるようになることを望んでいる。Warnerの所属アーティストはYouTubeに復帰し、ウェブで最も人気のあるこのビデオサイトで、再び多くのユーザーの目に触れることを、おそらく歓迎するだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集