logo

行動ターゲティング広告市場、2012年に500億円超え--マイクロアド試算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントの連結子会社であるマイクロアドは7月9日、国内の行動ターゲティング広告市場に関する調査結果を発表した。

 今回の調査では、業界関係者や広告主へのヒアリング結果と、世界各国の調査レポートや公表データをもとに、2008年の行動ターゲティング広告費と2009年から2012年までの市場規模を試算した。

 2008年は国内で、大手ポータル系から専門サイトを束ねる特化型までアドネットワークの立ち上げが相次いだ。その多くが独自の行動ターゲティング広告商品を発表し、行動ターゲティング広告の普及が促進されたという。

 また、2008年後半からの景気減速により、インターネット広告市場ではターゲットを絞り込んだ広告配信のニーズが高まり、広告主の行動ターゲティング広告への需要が高まったという。

 このことから、2008年の国内の行動ターゲティング広告費は120億円となり、2008年7月に発表した市場予測の95億円を大きく上回る結果となった。

 マイクロアドでは、アドネットワークの増加に伴い、行動ターゲティング広告のシェアは今後も高まると見ている。2009年の行動ターゲティング広告市場は160億円、2010年は240億円、2011年は337億円、2012年は505億円に成長すると予測している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]