logo

ソニー「Life-X」を全面リニューアル--着せ替えやマップビュー機能を改善

加納恵(編集部)2009年07月09日 15時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは7月9日、ライフログサービス「Life-X」を全面リニューアルした。ホーム画面のデザインやコンテンツ表示画面の変更、写真やメモなどのアップロードの簡易化などに対応する。

 今回改善された機能は、ホーム画面の「着せ替え機能」、「タイムラインビュー」の使い勝手向上、「マップビュー」の全面リニューアル、「アップロード」機能の改善など。ホーム画面は、ヘアラインやコンクリートなど合計11種類のデザインから選べるようになった。

 そのほか、タイムラインビューでは、新着順、作成日時、コメント順といった並び順がワンクリックで変更できるになったとのこと。ホーム画面下部に設けられたプルダウンを選択すると、表示したいコンテンツやフレンドの絞り込みができる。

 地図上にコンテンツを表示するマップビューでは、サムネイル画面にユーザーの顔アイコンが表示され、一目でコンテンツ内容がわかるように進化した。さらにマウスのスクロール操作での地図の縮尺変更できるなど、操作も改善されたという。

 Life-Xは、ソニーマーケティングが2008年10月に本格スタートしたライフログサービス。PCや携帯電話のほか、SCEのゲーム機「PLAYSTATION 3」(PS3)や「プレイステーションポータブル」(PSP)、液晶テレビ「BRAVIA」などと連携して利用できる。

着せ替え画面 ホーム画面は11種類のデザインから選択可能になった

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]