logo

飲料自販機でQUICPay決済が可能に--日本自動販売協会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本自動販売協会(JAMA)は、加盟企業内の有志企業で進める「JAMA電子マネー化共同プロジェクト」において、7月1日よりQUICPayによる決済を開始したと発表した。これにより、電子マネーで購入できるJMMS飲料自販機においてQUICPayが使えるようになった。

 このプロジェクトでは、エム・ピー・ソリューションが飲料自販機向けに電子マネー決済サービス「JMMS」を提供している。このほか、サンデンが非接触ICカードのリーダ/ライタの製造、供給を、NECがリーダ/ライタの中核技術と、販売機と各電子マネー事業者を結ぶ後方システムセンターの提供をしている。

 JMMS対応の飲料自販機は、最大8種類までのマネーに対応する。すでに「iD」「Edy」「Smartplus」「Visa Touch」といった電子マネーに対応しており、これに加えて今回、QUICPayが加わった。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]