logo

パナソニック エコテクノロジーセンターに見る最新リサイクル事情

加納恵(編集部)2009年07月03日 17時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 パナソニックの子会社で、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など4家電のリサイクル処理を手がけるパナソニック エコテクノロジーセンター(兵庫県加東市)が工場見学会を開催した。その処理工程や内容など、最新のリサイクル事情を写真で紹介する。

 写真はテレビのリサイクル処理ライン。右側がプラズマや液晶などの薄型テレビ、左側がブラウン管テレビの処理を担当する。このスペースでは以前ブラウン管テレビのみのリサイクル処理を実施していたが、2008年5月にレイアウトを変更。生産面積を2分の1へと縮小した。縮小後のあいたスペースに薄型テレビのリサイクルラインを設置したという。
Scroll Right Scroll Left

 パナソニックの子会社で、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など4家電のリサイクル処理を手がけるパナソニック エコテクノロジーセンター(兵庫県加東市)が工場見学会を開催した。その処理工程や内容など、最新のリサイクル事情を写真で紹介する。

 写真はテレビのリサイクル処理ライン。右側がプラズマや液晶などの薄型テレビ、左側がブラウン管テレビの処理を担当する。このスペースでは以前ブラウン管テレビのみのリサイクル処理を実施していたが、2008年5月にレイアウトを変更。生産面積を2分の1へと縮小した。縮小後のあいたスペースに薄型テレビのリサイクルラインを設置したという。

 パナソニックの子会社で、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など4家電のリサイクル処理を手がけるパナソニック エコテクノロジーセンター(兵庫県加東市)が工場見学会を開催した。その処理工程や内容など、最新のリサイクル事情を写真で紹介する。  写真はテレビのリサイクル処理ライン。右側がプラズマや液晶などの薄型テレビ、左側がブラウン管テレビの処理を担当する。このスペースでは以前ブラウン管テレビのみのリサイクル処理を実施していたが、2008年5月にレイアウトを変更。生産面積を2分の1へと縮小した。縮小後のあいたスペースに薄型テレビのリサイクルラインを設置したという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]