logo

「Firefox 3.5」リリースと新局面を迎えたブラウザ競争 - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年07月03日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そしてFirefox 3.5は、競合ブラウザおよび新機能の両面において非常に重要なリリースとなった。

ユーザー向け新機能

 Firefox 3.5には数多くの改良点がある。いくつかはすぐに分かるものだが、いくつかは長期的にウェブのためになる内部的な改良だ。70の言語でリリースされているので、多くの人々が試すことができる。

 表には出てこないがFirefox 3.5に直接的な利点を提供しているのは、新しいエンジン「TraceMonkey」だ。このエンジンは、一般的なJavaScript言語で書かれたウェブページプログラムを実行する。これは、「Google Docs」のようなウェブアプリケーションが今すぐ高速になり、今後もJavaScript速度の向上が進めば、将来はより洗練されたものになることを意味している。

 人々が直接恩恵を受けるもう1つの機能はプライベートブラウジングモードだろう。これはユーザーのコンピュータ上から、ブラウザでアクセスした場所の痕跡を消し去るものだ。ふざけてポルノモードとも呼ばれているが、それだけでなく、勤務中にやっていることを上司に知られないようにしたり、バレンタンインデーのギフトを探したりするのにも役立つだろう。プライベートブラウジング機能に加えて、後から特定のサイトや最近の操作を消し去る機能もある。ただし、こうしたオプションはいずれも、訪問したサーバ上の痕跡は消せないことに留意されたい。

 MozillaはまたHTMLビデオにも刺激を受けた。HTMLビデオは、Adobe Systemsの「Flash Player」などのプラグインを使わずに動画をウェブページに埋め込めるだけでなく、その動画をウェブページ上のほかの要素と相互動作させることができる。これは、特にファイル形式のサポートに関する厄介な問題のため、短期間でウェブに革命をもたらすことはなさそうだが、長期的に見ればウェブのためになるはずだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]