logo

Androidアプリで日本のすごさを世界に証明して--グーグル担当者が呼びかけ

永井美智子(編集部)2009年06月26日 20時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月26日に東京都内で開催された、携帯電話用プラットフォーム「Android」のユーザー会である日本Android主催のカンファレンス「Android Bazaar and Conference 2009 Spring」では、グーグル日本法人でAndroidアプリの開発者支援をしているデベロッパー アドボケイトのクリス・プルエット氏が登場。日本の開発者に、Androidアプリの開発を呼びかけた。

 「日本は他国に比べて携帯電話アプリやモバイルインターネットの歴史が長く、アプリ開発者も多い。高い品質のアプリを日本から配信できればAndroidの価値が高まる。Androidの成功は日本での成功にかかっている」と日本の開発者に大きな期待を寄せる。

 iPhoneとの違いについては、アプリの審査が一切ない点を挙げた。ユーザーからのクレームがあるまでGoogleはアプリの配信を停止するといったことはしないのだという。「何が良いか悪いかは、ユーザーのほうが詳しい。オープンな世界にして、ユーザーに任せたい」

090626_google.jpg グーグル デベロッパー アドボケイトのクリス・プルエット氏

 ウイルスなどが仕込まれた悪意あるアプリが登場する危険性もあるが、プルエット氏は「そもそも、Androidはセキュリティ対策がされているOSなのでスパイウェアなどは作りにくい。また、端末内の電話帳などのデータにアクセスするアプリであれば、その旨がインストール時に表示されるので、そのリスクをユーザーが判断できる。ユーザーがうまく選択できるように作っている自信がある」と断言した。

 なお、GoogleではAndroidのアプリ配信サービス「Androidマーケット」に関して、日本で公開してから1〜2カ月間は無料アプリのみ配信する計画だという。「ユーザーがAndroidマーケットでアプリをダウンロードするという習慣を作りたい。いつ課金されるかわからないような状況ではユーザーが萎縮してしまう。リスクが低い状況でないと、ユーザーは動かない。逆にアプリが無料であれば、一度は使ってみるだろう」。実際、同じ手法を米国で採用したところ、ほとんどのAndroidユーザーが大量にアプリをダウンロードしたとのことだ。

 8月には、Androidアプリの世界コンテスト「Android Developer Challenge 2!」が開かれる予定。優勝者には賞金25万ドル(邦貨換算で約2400万円)が渡される予定だ。「日本のすごさをコンテストで証明して欲しい」とプルエット氏は参加を呼びかけていた。

-PR-企画特集