logo

ソニー、初のインナーイヤー「MDR-NC300D」をラインアップ--デジタルノイズキャンセル機能を内蔵

加納恵(編集部)2009年06月02日 14時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月2日、ノイズキャンセリングヘッドホンにデジタルタイプ2機種、アナログタイプ1機種の計3機種の新製品を発表した。発売は6月21日から。デジタルタイプでは初のインナーイヤータイプをラインアップしている。

 発表されたノイズキャンセリングヘッドホンは、デジタルタイプ「MDR-NC300D」「MDR-NC600D」と、アナログタイプの「MDR-NC33」。MDR-NC300Dは、初のカナルタイプとなる。価格は3万975円。

 カナルタイプのヘッドホンとコントローラー部というコンパクトボディながら、周囲の騒音を98.4%低減できるというノイズキャンセル性能を内蔵。さらに、同社のフルデジタルアンプなどに採用されているS-Masterを1チップ化した「インテグレートDNCプロセッサ」を新開発することにより、音質劣化を最小限に抑えた原音再生を実現したという。

 ノイズキャンセルモードは、航空機内の騒音「A」、電車やバス車内の騒音「B」、OA、空調機器の騒音「C」の3つを備え、騒音の変化に応じて自動でモードが切り替わる「AIノイズキャンセル機能」を備えた。

 ヘッドホン部には大口径16mmのドライバーユニットを内蔵し、広ダイナミックレンジと繊細な音質を両立させたとのこと。耳とヘッドホンの間に生じる隙間による空気漏れ補正する「ノイズキャンセル調整機能」も備え、耳の形に合わせたノイズキャンセル性能を提供するとのことだ。

 電源には単3形乾電池1本を使用。約20時間の連続使用ができる。本体のほか、航空機用アダプタ、SSからLLまで7種類のハイブリッドイヤーピース、キャリングケース、1mの延長コードなどが付属する。

 また、すでに発売されているオーバーヘッドタイプのデジタルノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NC500D」の後継機としてMDR-NC600Dも発売される。約99%の騒音を低減するほか、AIノイズキャンセル機能を装備。前回に比べコンパクト化したキャリングケースが付属する。価格は4万9350円。

 MDR-NC33は、約90%の騒音低減性能を備えたアナログタイプのノイズキャンセリングヘッドホン。単4アルカリ乾電池1本で約100時間の使用が可能。ブラック、ホワイト、バイオレット、レッドの4色展開となる。価格は9975円。

「MDR-NC300D」「MDR-NC600D」「MDR-NC33」 写真左から「MDR-NC300D」「MDR-NC600D」「MDR-NC33」

-PR-企画特集