フォトレポート:絵で見るMSの新検索エンジン「Bing」

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年05月29日 11時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Microsoftが同社次期検索エンジンを明らかにし始めている。これまでは「Kumo」という開発コード名で呼ばれていたが、米国時間5月28日から「Bing」と正式に呼ばれるようになった。この改良型の検索ツールには、異なった種類の検索に移動するために用意された左側のナビゲーション枠や検索結果のカテゴリ別の分類、検索結果ページ内での直接的な情報表示など複数の新機能が盛り込まれている。

 例えば、医療に関するクエリでは、Kumo/BingはMayo Clinicからライセンスされたコンテンツなど記事全文を含めることができる。
Scroll Right Scroll Left

 Microsoftが同社次期検索エンジンを明らかにし始めている。これまでは「Kumo」という開発コード名で呼ばれていたが、米国時間5月28日から「Bing」と正式に呼ばれるようになった。この改良型の検索ツールには、異なった種類の検索に移動するために用意された左側のナビゲーション枠や検索結果のカテゴリ別の分類、検索結果ページ内での直接的な情報表示など複数の新機能が盛り込まれている。

 例えば、医療に関するクエリでは、Kumo/BingはMayo Clinicからライセンスされたコンテンツなど記事全文を含めることができる。

提供:Ina Fried/CNET

 Microsoftが同社次期検索エンジンを明らかにし始めている。これまでは「Kumo」という開発コード名で呼ばれていたが、米国時間5月28日から「Bing」と正式に呼ばれるようになった。この改良型の検索ツールには、異なった種類の検索に移動するために用意された左側のナビゲーション枠や検索結果のカテゴリ別の分類、検索結果ページ内での直接的な情報表示など複数の新機能が盛り込まれている。  例えば、医療に関するクエリでは、Kumo/BingはMayo Clinicからライセンスされたコンテンツなど記事全文を含めることができる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加