logo

日本HP、グラフィックス機能を強化したシンクライアントのハイエンドモデルを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは5月28日、グラフィックス機能を強化したシンクライアントのハイエンドモデル「HP gt7720 Thin Client」シリーズを発表した。

 4画面表示が可能なクアッドヘッド対応モデルと、2画面表示が可能で省スペースなデュアルヘッド対応モデルの2機種をラインアップする。同社の直販営業およびHP CCI SIパートナーを通じて同日より販売を開始する。価格は、クアッドヘッド対応モデルが9万2400円、デュアルヘッド対応モデルが8万1900円となる。

 gt7720は、デュアルコアプロセッサ AMD Turion 64 X2、チップセットに強力な内蔵グラフィックス機能を備えたAMD 780Gを搭載するシンクライアントのハイエンドモデル。

 CADや映像制作、金融トレーディング、広告ディスプレイ用途のデジタルサイネージ、ストリーミングメディアなど、高度なグラフィックス性能が要求される分野において、端末にデータを持たないセキュアなシンクライアント環境を省スペースで実現できる。ブレードPCやブレードワークステーションのアクセス端末として最適とのこと。

 クアッドヘッド対応モデルは、AMD 780Gの内蔵グラフィックス機能とATI FireMV 2250グラフィックスカードの搭載により、同時出力が可能な計4本の映像出力端子(DVI-I×3、DVI-D×1)を備えた。

 デュアルヘッド対応モデルは、2画面の同時出力が可能で、幅45.7mmのコンパクトな省スペースモデル。オプションの「HPフラットパネルモニタQuick Release」を用いれば、VESA規格に準拠した液晶モニタのスタンドと一体化することも可能だ。

 両機種ともに、OSにはWindows Embedded Standardを採用。Windows XPと互換性が高いため、XP対応の豊富なアプリケーションやミドルウェアが使用できる。また、Windows Vistaに近いインターフェースを備え、Internet Explorer 7、Windows Media Player 11を搭載したほか、フラッシュメモリ、メモリもそれぞれ2Gバイト搭載し、単体のPC端末としても遜色のない性能を備えたという。

 また、Windows Embedded Standard標準のRemote Desktop Protocol(RDP)や大容量データを高圧縮率で高速にエンコードする「HP Remote Graphicsソフトウェア(RGS)」のほか、Citrix Xen、VMwareなど、デスクトップ仮想化を実現するプロトコルに幅広く対応。さらにネットワーク外部からの侵入と内部データの流出を防ぐ「Symantec Endpoint Protection」を搭載し、管理者モードで各クライアントのUSBメモリ書き込みや環境設定の制限できるなど、充実したセキュリティ機能を備えたという。

「HP gt7720 Thin Client」シリーズ 「HP gt7720 Thin Client」
クアッドヘッド対応モデル(左)、デュアルヘッド対応モデル(右)

-PR-企画特集