NTT西日本、対象範囲を絞り込んだ情報セキュリティ診断サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT西日本は5月27日、中堅企業を対象とした「情報セキュリティセレクト診断サービス」を6月1日より西日本エリアで提供開始すると発表した。企業の情報セキュリティ対策を診断し、改善策を提案するコンサルティングサービスとなっている。

 このサービスはNTT西日本が現在提供している「情報セキュリティ監査サービス」の実績やノウハウを活用し、中堅企業に有効と思われる情報セキュリティ対策の診断対象範囲を絞り込んでいる。

 診断対象範囲を「外部記憶媒体」「業務パソコン」「サーバー」「公開サーバー」の4種類に分けたプラン、およびこれらすべてを対象とするプランの5つのプランを用意している。対象範囲を分けることで低価格を実現していることが特徴。それぞれ、情報セキュリティ対策状況の診断結果に加え、その後の改善策の提案まで含めて支援する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加