NEC、ビジネス向けPC全30機種を発売--725gの「VersaPro UltraLiteタイプVS」など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは5月26日、重さ725gの軽量ボディと最薄部15.8mmの薄さを実現し、150kgfの圧力にも耐える堅牢性を備えたモバイルノートPC「VersaPro UltraLite(バーサプロ ウルトラライト)タイプVS」や、小型軽量なシンクライアント端末「VersaPro シンクライアント US10Na」など、ビジネス向けPC、11タイプ30モデルを発表した。

 VersaPro UltraLite タイプVSは、筐体にマグネシウム合金を採用するとともに、高密度の小型マザーボードやSSDなど軽量な部品を採用することで、重さ725gの軽量ボディを実現した。10.6型液晶を搭載し、Windows VistaをプリインストールしたノートPCでは世界最軽量になるという。

 また、キーボードと内部の基盤類を重ならないように配置することで薄型化を追求。さらに冷却ファンやヒートシンクを使用せず、厚さ約1mmのカーボングラファイトシートによって内部の熱を放熱させることで、最薄部15.8mmの薄さを実現したという。

 天板全体で150kgfの圧力にも耐える堅牢性を備え、コンパクトボディながらキーピッチ17mm、キーストローク2.5mmを確保するなど「軽さ」「薄さ」「使いやすさ」を兼ね備えたという。

 本機は、NECのビジネス向けPC直販サイト「得選街」において、7月27日まで9万9750円のキャンペーン価格で販売する。

 VersaPro シンクライアント US10Naは、VersaPro UltraLite タイプVSの筐体を採用した小型軽量なシンクライアント端末。最薄部15.8mm、面耐圧150kgf、10.6型ワイド液晶など、VersaPro UltraLite タイプVSの特長を持ちつつ、重量649gを実現した。

 PCサーバ「Express5800シリーズ」と接続することで、モバイル用途に対応した快適なシンクライアントシステムが実現する。有線/無線LANの搭載やイー・モバイル製データ通信カード対応などの通信形式を利用可能とし、OSにはWindows CEを採用している。VPN接続にも対応したほか、SECUREMATRIXの使用も可能だ。

 なお、今回発表された新製品全30モデルには、同社の独自機能である「ECOモード設定ツール」やCPUの消費電力を制御する機能などを搭載し、環境対応を強化した。ECOモード設定ツールは、本体と外付けLCDの消費電力を簡単なキーボード操作により「高性能」「標準」「ECO」の3段階で調節できる機能という。

「VersaPro UltraLite タイプVS」 「VersaPro UltraLite タイプVS」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加