logo

フォトレポート:Where 2.0カンファレンスで見るロケーションベース技術 - 4/10

文:CNET News Staff 翻訳校正:編集部2009年05月22日 11時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 近年、マップは「Google Maps」や「Yahoo Maps」「MapQuest」など、一部の集中的なソースから提供されてきた。しかし、局地的な情報を表現する情報やツールがより容易に利用可能になることで、マップはますます多くの人々によって作成され共有されるようになっていく。マップは根本的に、実用的な視覚化のために管理され、様式化され、設計された情報である。Where 2.0では、デザイナーらはマップをデザインする上で利用可能な多くの選択肢を話し合い、場所を理解するには、どういったフォームがよりよい助けとなるのかを議論した。
Scroll Right Scroll Left

 近年、マップは「Google Maps」や「Yahoo Maps」「MapQuest」など、一部の集中的なソースから提供されてきた。しかし、局地的な情報を表現する情報やツールがより容易に利用可能になることで、マップはますます多くの人々によって作成され共有されるようになっていく。マップは根本的に、実用的な視覚化のために管理され、様式化され、設計された情報である。Where 2.0では、デザイナーらはマップをデザインする上で利用可能な多くの選択肢を話し合い、場所を理解するには、どういったフォームがよりよい助けとなるのかを議論した。

提供:James Martin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]