logo

フォトレポート:Where 2.0カンファレンスで見るロケーションベース技術

文:CNET News Staff 翻訳校正:編集部2009年05月22日 11時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カリフォルニア州サンノゼ発--ますます多くの情報が、ますます多くの人々に利用可能になることで、周囲にあふれる大量のデータにアクセスし、管理する必要性が一層高まっている。これはまた、周辺のスペースや場所を定義し、こうしたスペースとつながる関連した情報を発見することを意味してもいる。当地で今週開催のWhere 2.0カンファレンスで、プログラマーや地図製作者、デザイナーらが、ロケーションベース情報における最新のアイデアを考察した。
Scroll Right Scroll Left

 カリフォルニア州サンノゼ発--ますます多くの情報が、ますます多くの人々に利用可能になることで、周囲にあふれる大量のデータにアクセスし、管理する必要性が一層高まっている。これはまた、周辺のスペースや場所を定義し、こうしたスペースとつながる関連した情報を発見することを意味してもいる。当地で今週開催のWhere 2.0カンファレンスで、プログラマーや地図製作者、デザイナーらが、ロケーションベース情報における最新のアイデアを考察した。

提供:James Martin/CNET

 カリフォルニア州サンノゼ発--ますます多くの情報が、ますます多くの人々に利用可能になることで、周囲にあふれる大量のデータにアクセスし、管理する必要性が一層高まっている。これはまた、周辺のスペースや場所を定義し、こうしたスペースとつながる関連した情報を発見することを意味してもいる。当地で今週開催のWhere 2.0カンファレンスで、プログラマーや地図製作者、デザイナーらが、ロケーションベース情報における最新のアイデアを考察した。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集