logo

マイクロソフト、「Office 2010」のテクニカルプレビューを7月に提供開始へ

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年05月12日 08時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのTechEd 2009イベントに出席している人々は、「Office 2010」に関する最新情報を耳にするのみならず、そのテスト利用を進める最初の人々となることだろう。

 Microsoftは米国時間5月11日、Office 2010の招待制のテクニカルプレビュープログラムを7月に開始し、ロサンゼルスで今週開催されているTechEd 2009への出席者は、そのプログラムでOffice 2010を試用する早期メンバーに選ばれることになると発表した。

 Office 2007では、新たなファイル形式やユーザーインターフェースの刷新が行われたのに対して、Office 2010では、それほど大きな変更点は予定されていない。しかしながら、デスクトップ版のリリースに合わせて、Microsoftは、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteのブラウザ版となる「Office Web Applications」のリリースを予定している。また、従来通りの32ビット版の複数バージョンに加え、初の64ビット版がリリースされることにもなっている。

 すでにMicrosoftは、テスト版の提供開始時期が、2009年第3四半期中に行われることを明らかにしていた。また、Microsoftは、TechEd 2009の出席者以外にも、テスト版の提供枠を広げる計画であると述べたものの、その提供時期などに関しては、明言することを避けた。

 Office 2010の最終製品版は、2010年中の正式リリースが予定されている。

 Office 2010のデスクトップ版の動作には、Microsoftは、Windows XP SP3、Windows Vista、Windows 7のいずれかが必要であると述べている。Office 2007が動作するハードウェアであれば、Office 2010でもサポートされるはずだとの見方を、Microsoftは示している。

 Office 2010のテクニカルプレビューの提供時期の正式アナウンスに加えて、MicrosoftはTechEd 2009の初日に、「SQL Server」および「Windows Server」の次期版に関する詳細な発表を行い、2009年のホリデーシーズンに合わせて、「Windows 7」を正式にリリースする予定であることも明らかにした。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集