logo

フォトレポート:分解、「Atari 2600」--懐かしのゲーム機の内部 - 9/26

文:Mark Kaelin(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 プラスチック製のハウジングには、見るべきものはほとんどない。だが議論を呼びそうな推測が1つある。

 Classics RockブログのJohn Sheesley氏は、3本の突起状のハウジングが2つあるが、これらはスピーカーを支えるために設計されたものではないかと考えた。確かにそのように見える。またケースの上部にはスリットがあり、これは本体から音を発することにあった形となっている。Atariのこれ以降のバージョンのコンソールにはスピーカーがあっただろうか。

 プラスチック製のハウジングには、見るべきものはほとんどない。だが議論を呼びそうな推測が1つある。

 Classics RockブログのJohn Sheesley氏は、3本の突起状のハウジングが2つあるが、これらはスピーカーを支えるために設計されたものではないかと考えた。確かにそのように見える。またケースの上部にはスリットがあり、これは本体から音を発することにあった形となっている。Atariのこれ以降のバージョンのコンソールにはスピーカーがあっただろうか。

提供:Mark Kaelin/TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]