マイクロソフト、Windows Vista SP2の製造行程向けリリースを発表

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年04月30日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間4月28日、Windows Vista Service Pack 2(SP2)の製造行程向けリリース(RTM)を発表した。

 Vista SP2では、Bluetooth 2.1のサポートに加え、Windows検索テクノロジの更新と、Blu-rayディスクにデータをネイティブに記録する機能が提供される。

 同社のブログ投稿によると、Vista SP2は2009年第2四半期後半に一般に提供される。また、同社は、コンピュータへのVista Service Pack 1(SP1)のダウンロードを防止するブロッカーツールの提供を終了するため、このツールを使用していたユーザーへもWindows Updateを通じてVista SP1が提供される。

 Vista SP2は、2008年後半から幅広くテストされ、2009年2月には、最終版に近いリリース候補版が発表されていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加