グーグル、「News Timeline」など2つの新プロジェクトを公開--Google Labsも刷新 - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年04月21日 11時41分

画像検索

 1と0の区別は得意だが家と木の識別は苦手なコンピュータにとって、画像処理は難しい問題である。人間にとっては簡単なこの作業を、多くのコンピュータは今でも上手く処理できないのだ。

 従って、Googleや他社の画像処理ソフトウェアはこれまで、画像に付随するキャプションやタイトルなどのテキスト、つまり「メタデータ」に過度に依存してきた。ただし、GoogleはPicasa Web Albumsで顔認識技術を採用するなど、より高度な画像処理に取り組んでいる。

 Googleは米国時間4月20日、同社がウェブ上で見つけた画像群の中から類似した画像を検知する技術を披露した。Googleのエンジニアリング担当部長で、画像検索プロジェクトの責任者を務めるRadhika Malpani氏によると、この技術は2つの画像の「視覚的な距離」を割り出して、画像データベースの中からその値が最も近い画像を見つけ出すという。

 この技術は、言葉で表現することが難しい視覚的概念、例えば、「ピラミッドが前景にあるルーブル美術館」や「ブラッド・ピットが左側にいるときのブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー」などの画像を素早く見つけたいときに便利だ。

Google画像検索
提供:Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]