ダイムラー、燃料電池車のコンセプトモデルを披露--研修生らが産学協同で開発

文:Suzanne Ashe(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年03月26日 08時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Daimler AGは現地時間3月25日、将来に目を向ける同社研修生らが、Mercedes-Benzのジンデルフィンゲン工場にて、燃料電池駆動の「F-Cell Roadster」を開発したことを発表した。

 およそ1年の間、150人以上の研修生および産学協同プロジェクトの参加学生らが、F-Cell Roadsterの全体的なコンセプト立案、開発、組み立て、仕上げの段階に取り組んだ。同プロジェクトには、自動車メカトロニクス、モデル構成、電子機器、コーティング技術、製造整備士、製品デザイン、インテリアコーディネートなどの分野から、多くの準社員が携わった。プロジェクトで焦点が絞られたのは、実際の経験を通じたトレーニングに、新たな内燃機関に代わる駆動システムを組み入れることである。

 F-Cell Roadsterは、Formula 1レースカーに搭載されるコンポーネントがベースとなった、独特のデザインに仕上がるグラスファイバー製のフロント部分や、手縫いのレザーカバーで覆われた、カーボンファイバー製のバケットシートなど、これまでのMercedes-Benzの歴史を結集した、整ったスタイルのエレメントを採用している。

F-Cell Roadsterの画像 提供:Daimler AG

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加