logo

NTTソフトのメール誤送信防止対策ソリューション、グループウェアに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTソフトウェアは、メール誤送信防止対策ソリューションの新バージョン「CipherCraft/Mail サーバタイプ Ver.5」を3月31日より販売する。

 新たにグループウェアのメール環境においても、誤送信防止画面を表示する。具体的には、社外宛ての場合に注意喚起したり、メール本文の内容と宛先アドレスが対応しているかを確認させたりするほか、添付ファイルを開いて内容を強制的に確認させ、添付ファイルには自動的にパスワードを付与する。

 また、新たな誤送信防止機能も追加した。一定条件の送信メールに対して、上長など第三者へ自動的にBcc送信することで送信者の意識を高め、さらなる注意喚起をうながす「Bcc宛先自動追加機能」や、メール送信前に、上長などの第三者が誤送信防止画面で送信内容を確認することで、クロスチェックによる誤送信を防ぐ「上長承認機能」、サーバにおいて一定時間送信メールを保留することにより、うっかり誤送信ミスを防ぐ「メール一時保留機能」が追加された。

 グループウェア環境で利用する場合には、グループウェアサーバの後段に「CipherCraft/Mail サーバタイプ」を配置することで、利用者のPCにソフトウェアを追加インストールすることなく利用できる。標準価格は、100ユーザーの場合で59万円。NTTソフトウェアでは、今後3年間で10億円の販売を目標としている。

-PR-企画特集