セールスフォース・ドットコム、「Service Cloud」にTwitterを追加

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年03月24日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは「AppExchange」に新しいアプリケーションを追加し、「Service Cloud」のユーザーが顧客サービス業務でTwitterを利用できるようにした。サービスの提供開始は今夏の予定。

 「Salesforce CRM for Twitter」と呼ばれる新アプリケーションを利用して、ユーザーは自社に関連したTwitterのメッセージを監視し、その返信や会話を収集することで、問い合わせや苦情に対応できるようになる。

 Service Cloudではすでに、ユーザーがFacebookやBlogger、ウェブ掲示板などの状況をチェックできるようになっている。

 SalesforceのCRM部門で顧客サービス担当シニアバイスプレジデントを務めるAlex Dayon氏は、ウェブ上のソーシャルメディアが充実してきたため、ユーザーは顧客サービスの問題で「クラウドソース」に頼ろうとし始めていると述べる。

 「コールセンターのソフトウェアに200億ドルを費やしても、顧客は別の場所にいる」と同氏は述べる。

salesforce 提供:Salesforce.com

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加