サン・マイクロシステムズの株価、急伸後に下落--IBMの買収報道を様子見

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年03月24日 07時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsの株価は、米国時間3月23日午前の取引時間中に、市場全体では好調な株価の推移となったのとは対照的に、一時は前日終値と比較して7%以上の下落になるなど、振るわない取り引きとなった。

 IBMが、買収の是非を検討するプロセスの一環で、Sunの契約書類などの事前調査を進めているとの、20日のWall Street Journal(WSJ)の報道を受けて、Sunの株価は、(23日午前の取引時間中には)一時7.53ドル付近まで下落した(本稿公開時点での23日の同社株の終値は7.94ドルとなっている)。

 IBMが、およそ65億ドルでSunを買収するべく、交渉を進めているとの初の報道が、WSJによって先週流された後、Sunの株価は急伸した。

 同報道の後、Sunの株価は79%の急騰を記録し、8.89ドルまで上昇した。過去5カ月の間、Sunの株価は、概して5ドル未満に低迷していた。

 IBMが契約書類などの事前調査を進める中、Sunの会計年度の第3四半期末も間近に迫ってきており、その決算報告内容も、IBMに新たな判断材料を示すことになりそうだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加