logo

ALSI、共有サーバ上のフォルダでデータを送受信する「SOM Creator」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は3月11日、企業間で安全にデータを交換できるようにした「SOM Creator」を販売開始した。個人情報や機密情報、重要情報などを外部に送信する企業や官公庁、自治体、学校などに向けて売り出す。

 SOMとは「Secure Open Media」の略で、生成された暗号化ファイルの意味。SOM Creatorは、メールを使用せず共有サーバ上のフォルダでデータを送信する。大容量のデータや多量の暗号化ファイルの生成、配信に利用できるほか、シンクライアント環境やISPのサービスとしても利用できるとのこと。

 ファイルは自動的に128bitAESで暗号化され、サーバ上のフォルダに入れるとあらかじめ設定されているパスワードや、保存・印刷の権限、自動破棄の有無、閲覧・印刷の回数、ファイルの有効期限などが一括で適用される。万一、外部に情報が流出してしまった場合でも、暗号を解読できないため、二次漏洩やファイルの改ざんが防げるという。

 暗号化されたファイルは、送信先の企業に専用のビューアや特定のソフトが導入されていない状態でも復号化して開ける。販売価格は1サーバあたり31万5000円(税込み)。同社では初年度1000サーバの販売を目標としている。

-PR-企画特集