logo

インテル、「Atom」最新ラインを発表--メディアフォンなどの利用を想定

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年03月03日 16時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間3月2日は、半導体関連のニュースがいくつかあった。そんな中、Intelは最新の「Atom」プロセッサラインを発表した。

 2日、Intelは台湾Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)との提携を発表し、Atomプロセッサを事実上共同で製造していくことを発表した。また、Advanced Micro Devices(AMD)は製造事業を分社化し、Spansionは破産保護申請を行った。

 これらのニュースに気を取られて見落とした読者もいるかもしれないが、Intelはもう1つ重要な発表として、最新ライン「Atom Z5xx」シリーズプロセッサを発表している。Intelによると、合計で4つの「固有の」新バージョンがあるという。今回のAtom関連の発表がこれまでとは異なる点は、Intelが初めて、出荷するAtom製品は電話(Intelでは「メディアフォン」としている)をターゲットにすると明言している点だ。これまで、Intelは他のAtomラインのターゲットを「MID(Mobile Internet Device)」や「インターネット端末(Internet devices)」としてきた。

 だからといって、Atomがさまざまなスマートフォンに搭載されると期待すべきではない。「Moorestown」(開発コード名)と呼ばれる次期版Atomが2008年後半か2009年に登場するまでは実現しない。Moorestownはスマートフォンのバッテリ寿命ニーズを満たすため、現行のAtomプロセッサよりも消費電力が低く、統合性も高い。LG電子は、将来のスマートフォンでMoorestownを採用する計画を発表している。

「Z5xx」シリーズ 提供:Intel

 IntelはAtomで、車載情報端末などの潜在市場が大きい組み込み産業分野もターゲットにしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集