logo

Digg、新ツールバーを開発中か?--独自のパーマリンクや共有が可能に

文:Josh Lowensohn(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年02月27日 13時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Diggは、「StumbleUpon」などに倣い、新たな機能をベータ版で発表する準備を進めているようだ。ユーザーが同ソーシャルニュースサイトから外部リンクの1つに行くとDigg.comの機能の一部を利用することができるようになるもよう。

 Flickrに公開されている画像で動作中の新ツールバーが紹介されている。この画像から、クリックされた記事にDigg独自の短いパーマリンク(TinyURLが提供するようなもの)とコンテンツの上部に新しいメニューバーが表示されていることが分かる。

 この新メニューバーは2つの機能を提供する。1つ目の機能は、ユーザーが、記事に対する票(digg)やコメントの数を確認することができ(記事がDiggのフロントページにあるかどうかは関係がない)、Digg.comに関連記事が掲載されているか確認できるオプションもある。2つ目は、「Facebook Notes」や電子メール、Diggの「shout」、Twitterのメッセージを利用して他のユーザーと記事を共有できる機能である。

 この共有機能のほかに特筆すべき追加機能の1つとして、上部右側のオレンジ色の大きな「Random」ボタンがある。この機能を使ってランダムにサイトを移動することができる。StumbleUponを利用したことのあるユーザーならおわかりだろうが、ほぼ同じ機能である。StumbleUponが5カ月前にソフトウェアに依存しないようになり、ユーザーが増加したことを基に、Diggが自身のリンクに同様のツールを望んだとしても不思議ではない。

 Diggがいつから実際のサービスで同機能を公開するのかに関しては、まだ発表されていない。

Diggの新ツールバー 新ツールバーはDigg.comの外部記事リンク上で表示される。
提供:Scott Meinzer/Flickr

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集