logo

グーグル、Gmailの大規模障害で補償--有料ユーザーに15日の無料期間

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年02月26日 06時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスにGmailを利用しており、その上で、2時間半の間、Gmailの利用が妨げられた場合、1ユーザーにつき2.05ドルの生産性が失われたと感じるだろうか?

 この額こそ、Googleが米国時間2月24日に発生した2時間半に及ぶGmailの障害の後、企業向け有料サービス「Google Apps Premiere Edition」の顧客に対して、同社が支払うことに決定した補償金額に相当するものである。この補償は、寛大な措置でもある。(今回の障害で)実際に補償として支払われねばならない金額は、1ユーザーにつき41セントに相当する。

 Googleは、Google Apps Premiere Editionで1ユーザーにつき年額50ドルを支払っている顧客に対して、毎月99.9%以上の稼働率で、Gmailへのアクセスを保証している。Google Appsのサービス提供基準などを定めたService Level Agreement(SLA)によれば、もし稼働率が99.0〜99.9%のレベルに低下した場合、Googleは、無料で3日間のサービス利用期間を提供するとの公約を掲げている。

 Gmailサイトの信頼性などをチェックするマネージャーであるAcacio Cruz氏は、公式ブログ上で、Gmailの大規模障害は「約2時間半に及ぶものであった」と記している。筆者の知るところでは、2月中にそのほかの大規模な障害は発生しておらず、その場合の月間稼働率は99.63%となる。

 しかしながら、Googleは、障害の影響を受けた顧客に対して、SLAが定める3日間の無料サービス以上のものを提供することに決定した。同社広報担当のAndrew Kovacs氏は、「発生した障害の規模を鑑み、誠意を示したいとの願いから、われわれは、顧客に15日間の無料サービス期間を追加で提供する」と声明で述べている。(SLAの規約上では)通常、月間稼働率が95%を下回った場合のみ、15日間の無料サービスが提供されることになっている。

 年間50ドルで計算すると、Googleは1時間毎に0.57セント課金していることになる。その場合、3日間の無料サービスは1ユーザー毎の売り上げで41セントに相当し、15日間の無料サービスは2.05ドルに相当する。

 Googleはまた、こちらのブログ投稿で障害について詳細を説明している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集