logo

Apple Storeのレイアウトに変化--ソフトウェア重視の新戦略

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年02月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、ソフトウェアと、「Mac」への乗り換えに重点的に取り組むため、小売店のデザインを大々的に変更し始めた。

 このデザイン変更に最初に注目したのは、Appleの小売業務をクパチーノのApple本社と同じくらい密に追跡する情報サイトifoAppleStoreである。サンフランシスコのダウンタウンにあるApple Storeでは、すでに変更が始まっている。Macへの乗り換え客を獲得しようとする表示が店の入り口近くに置かれ、「Macを好きになるのは簡単」といったスローガンを掲げて、Windows PCとMacとの違いを強調している。

 Appleの小売業務は、販売チャネルとしての役割を超え、マーケティング戦略の非常に重要な部分を担っている。多くの決算報告の電話会議において、小売店で販売されるMacのほぼ半分が新規Macユーザー向けだと言及した。しかし、Appleは経済状況を考慮して2009年は店舗拡大のペースを落としており、既存店の売り上げをさらに伸ばす必要性が高まっている。

 過去数カ月にわたり、サンフランシスコのダウンタウンにあるような旗艦店では、入り口近くの左側の台に「iPhone」を陳列し、最新のMacは右側に陳列するという傾向にあった。しかし、Appleは左側のiPhoneの台を1列後ろに下げ、MacとiPhoneのセットの陳列台を前にして、目立つようにした。さらに、右側のMacの陳列台には、「iLife ’09」および「iWork ’09」の新しい機能である「GarageBand」のアーティストレッスンや「Keynote」の新バージョンなどを展示している。

Apple Store店内 iPhoneの台を1列後ろに下げ、MacとiPhoneのセットの陳列台を前にして、目立つようにしたサンフランシスコの旗艦店。
提供:Tom Krazit/CNET Networks

-PR-企画特集