logo

10.1インチワイド液晶搭載、駆動時間は最大9時間--日本HP、「HP Mini 2140」発売へ

坂本純子(編集部)2009年02月12日 12時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは2月12日、10.1インチワイド液晶ディスプレイを搭載した法人向けミニノートPC「HP Mini 2140 Notebook PC」を発表した。3月上旬から販売開始する。価格は6万4890円。

 2008年6月にフルアルミニウムボディの法人向けミニノートPC「HP 2133 Mini-Note PC」を発売したが、HP Mini 2140はその後継機種となる製品だ。

 顧客からの要望を取り入れ、処理速度やディスプレイなどさまざまな性能を向上させたという。ディスプレイの大きさを8.9インチ(1280×768、アスペクト比16:10)から10.1インチ(1024×576、アスペクト比16:9)と大きくし、重さは、1.27kgから1.19kgへと軽量化した。

 バッテリ稼働時間は、標準搭載の3セルバッテリで約4.5時間、オプションの6セルバッテリ装着時では約9時間と、従来モデルの約2倍となった。なお、6セルのバッテリは従来のHP 2133 Mini-Note PCと同じものが使用でき、価格は1万1550円だ。

 OSはWindows VistaからWindows XP Homeに変更し、CPUも従来のVIAプラットフォームからインテルプラットフォームに変更。VIA C7-M ULVプロセッサからインテルAtom N270(1.6GHz)プロセッサとなった。従来よりも高速な7200rpmの160GバイトHDDを搭載し、802.11b/g無線LAN、3セルバッテリ、ウェブカメラが付いた構成となっている。

HP Mini 2140 Notebook PC HP Mini 2140 Notebook PC

-PR-企画特集