あの感動を再び味わえる?北京オリンピック記念ケータイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国初のオリンピック、記念ケータイも登場

 2008年8月6日から24日までの間に開催された北京オリンピック。中国初のオリンピックということもあり、中国全土で大きなお祭り騒ぎ状態であった。またオリンピックにまつわる記念品も多数が登場。特にキャラクターは5種類を投入するなど「お土産・グッズだらけ」なオリンピックであったとも言えよう。

 このさまざまなオリンピックグッズの中には「オリンピック記念ケータイ」もあった。中国のケータイユーザー数はすでに6億を突破。オリンピックにあわせてケータイも記念のものに買い換えようと思う中国人も多いだろうから、記念ケータイもたくさん売れるんだろう。ということでオリンピック公式スポンサーのサムスンからはいかにも中国人の大好きそうな金色をベースにした北京オリンピック公式ケータイが発売されたようだ。

 一方、やはり中国は中国である。非公式なグッズも当然多数登場しており、その中には非公式な「オリンピックケータイ」もいくつか販売されたそうなのだ。これらはおそらく歴史の表に出ることなくひっそりと消えてしまうことは間違いないだろう。筆者はその中から奇跡的に1つを確保することに成功した。てなことで今回はその「北京オリンピック・非公式ケータイ」を紹介しよう。

サムスンのオフィシャルな北京オリンピックケータイのモックアップ。いかにも中国人好みな色合いだ サムスンのオフィシャルな北京オリンピックケータイのモックアップ。いかにも中国人好みな色合いだ(※画像をクリックすると拡大します)

オリンピックケータイのモチーフは「聖火」

 中国で思い浮かぶ色と言えば赤。今回紹介する非公式北京オリンピックケータイ「DJ918」のパッケージも真っ赤に染められており、いかにも中国チックな香りをプンプンさせている。パッケージには堂々と「オリンピックトーチ限定珍蔵版」とも書かれており、聖火リレーで使われるトーチのイメージ写真も掲載するなどオリンピックにあわせて作られた製品であることを大きくアピールしている。

 なおパッケージにはメーカー名が書いてあるが、実はこのメーカーはこんなケータイを作っていない。名もないどこかのトンデモケータイメーカーが勝手に中国国内の有名メーカーの名前を語っているのだ。自社ブランドでは売れないという判断なのだろうが、ここまでやってしまうのはさすがの中国でもちと問題だ(苦笑)。ということでこの製品もメーカー名は不詳なのである。

 さてパッケージを開けてみよう。中身は本体、ACアダプタ、USBケーブル、マニュアルなど標準的なものが入っている。しかしココにご注目!細かいことだがケータイ本体が赤い「ぷちぷち」の袋に入れられているのだ。オリンピックとゆーか中国の赤をイメージしているのかもしれない。だって通常、ケータイが入っている袋は透明なビニールだから。安っぽい袋とはいえ、あえて赤い袋を使うなんてお茶目じゃないか!気に入ったぞDJ918!

パッケージ。メーカー名は実は本物ではないのでぼかしいれました。オリンピックの興奮を伝えようとしている雰囲気は悪くない パッケージ。メーカー名は実は本物ではないのでぼかしいれました。オリンピックの興奮を伝えようとしている雰囲気は悪くない(※画像をクリックすると拡大します)
パッケージを開けてみた。大した中身じゃないけど本体が赤いビニールに入っているのは考えてのこと、と信じたい パッケージを開けてみた。大した中身じゃないけど本体が赤いビニールに入っているのは考えてのこと、と信じたい(※画像をクリックすると拡大します)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加