グーグルCEO、英保守党の顧問に--国際ビジネスで補佐

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年02月10日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏は、米大統領選挙運動中のBarack Obama氏を補佐したが、自身の影響力ということに関しては、多角化しても構わないと思っているようだ。

 英保守党党首のDavid Cameron氏が明かしたところによると、Schmidt氏は同党の国際ビジネス顧問となるという。Associated Pressが現地時間2月9日付けの記事で報じた。

 Schmidt氏にとって、英保守党の活動に加わるのは今回が初めてではない。同氏は2006年、同党のイベントで演説をしている。

 他の顧問としては、携帯電話ネットワーク大手Vodafoneの元CEOであるChristopher Gent氏の名が挙がっている、と同記事は伝えている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加