シャープとソニー、液晶合弁会社の設立時期を延期

加納恵(編集部)2009年01月29日 18時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープとソニーは1月29日、大阪・堺市に設立予定の液晶合弁会社において、設立を延期すると発表した。2009年4月とされていた設立時期を2010年3月までに先延ばしする。両社では延期の理由を「世界経済の変化をうけて」としている。

 両社は2008年2月に合弁会社の設立を発表。大型液晶パネル・モジュールの生産および販売を手がけていくことを目的としていた。

 29日に2009年3月期第3四半期の業績発表をしたソニーは、設立延期に対して、「出資比率を変える予定はない。出資額に関しては相談しながらつめていく」とコメントした。

 今後は法的拘束力を有する契約を、6月30日までに締結合意することを目指し、交渉を継続するとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加