フォトレポート:時代を振り返る--「Sun SPARCstation」コレクション

文:Bill Detwiler(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年02月06日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 TNS Software Inc.のJohn Dunn氏は約25年間コンピュータの仕事に携わっている。この間Dunn氏は、かなりの数に上るさまざまなマシンを収集してきた。コレクションの始まりはCP/Mオペレーティングシステムを搭載したXeroxのマシンだ。Dunn氏はPCクローン(PC/AT互換機)も一揃い持っているが、膨大な数の「Sun SPARCstation」は同氏のコレクションの中でも特別な位置を占めている。このフォトレポートでは、John Dunn氏が所有するSun Microsystemsのコンピュータ17機種を、Dunn氏の解説とともに紹介する。

 この「SPARCstation 1」は、Sun Microsystems初の「ピザボックス型」ワークステーションで、わたしのSPARCstationコレクション第1号だ。1990年に、一般的な小型車よりも少し高いくらいの値段で購入した。今ではeBayで探せば同様のマシンが15ドルほどで購入できる。とは言え、良くできたマシンで1996年まで活躍してくれた。その後は自宅地下にある保管部屋のSun旧型用棚に置かれている。

 TNS Software Inc.のJohn Dunn氏は約25年間コンピュータの仕事に携わっている。この間Dunn氏は、かなりの数に上るさまざまなマシンを収集してきた。コレクションの始まりはCP/Mオペレーティングシステムを搭載したXeroxのマシンだ。Dunn氏はPCクローン(PC/AT互換機)も一揃い持っているが、膨大な数の「Sun SPARCstation」は同氏のコレクションの中でも特別な位置を占めている。このフォトレポートでは、John Dunn氏が所有するSun Microsystemsのコンピュータ17機種を、Dunn氏の解説とともに紹介する。

 この「SPARCstation 1」は、Sun Microsystems初の「ピザボックス型」ワークステーションで、わたしのSPARCstationコレクション第1号だ。1990年に、一般的な小型車よりも少し高いくらいの値段で購入した。今ではeBayで探せば同様のマシンが15ドルほどで購入できる。とは言え、良くできたマシンで1996年まで活躍してくれた。その後は自宅地下にある保管部屋のSun旧型用棚に置かれている。

提供:John Dunn

 TNS Software Inc.のJohn Dunn氏は約25年間コンピュータの仕事に携わっている。この間Dunn氏は、かなりの数に上るさまざまなマシンを収集してきた。コレクションの始まりはCP/Mオペレーティングシステムを搭載したXeroxのマシンだ。Dunn氏はPCクローン(PC/AT互換機)も一揃い持っているが、膨大な数の「Sun SPARCstation」は同氏のコレクションの中でも特別な位置を占めている。このフォトレポートでは、John Dunn氏が所有するSun Microsystemsのコンピュータ17機種を、Dunn氏の解説とともに紹介する。  この「SPARCstation 1」は、Sun Microsystems初の「ピザボックス型」ワークステーションで、わたしのSPARCstationコレクション第1号だ。1990年に、一般的な小型車よりも少し高いくらいの値段で購入した。今ではeBayで探せば同様のマシンが15ドルほどで購入できる。とは言え、良くできたマシンで1996年まで活躍してくれた。その後は自宅地下にある保管部屋のSun旧型用棚に置かれている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加