logo

フォトレポート:消費電力が従来比約40%、ソニーの「BRAVIA」がエコな理由 - 16/16

加納恵(編集部)2009年01月20日 17時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 バックライトの比較。一番上が通常の冷陰極管CCFL。外径が2〜4mmと細く、機器を小型、薄型化しやすいが、発光効率が低いとされる。一番下が従来の熱陰極管HCFL。多光量、高発光効率だが、外径が15〜20mmと大きいため、小型、薄型製品には適さない。真ん中がV5シリーズに採用されたソニー独自の熱陰極管HCFL。らせん構造を採用することで、外径を2〜4mmにまで細管化し、多光量、高発光効率を両立させた。

 バックライトの比較。一番上が通常の冷陰極管CCFL。外径が2〜4mmと細く、機器を小型、薄型化しやすいが、発光効率が低いとされる。一番下が従来の熱陰極管HCFL。多光量、高発光効率だが、外径が15〜20mmと大きいため、小型、薄型製品には適さない。真ん中がV5シリーズに採用されたソニー独自の熱陰極管HCFL。らせん構造を採用することで、外径を2〜4mmにまで細管化し、多光量、高発光効率を両立させた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]