ドイツ発のアバターサービス「Weblin」、登録者数200万人を突破 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サービスを利用するにはクライアントソフトをインストールする必要があるが、アバターはブラウザ上に表示される。どのようなサイトを閲覧していてもアバターを表示することが可能で、同じサイトを訪問したユーザー同士が、チャットやインスタントメッセージでコミュニケーションをとることもできる。

 メルティングドッツの発表によると、同サービスは2008年9月時点で登録者数が100万人だったが、約4カ月で倍のユーザー数まで拡大したとしている。今後は2月より、仮想アイテムの販売や広告事業展開を開始する予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]