logo

「Google Apps Premier Edition」に新機能--エンドユーザーのパスワード強度が確認可能に

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年01月16日 11時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間1月15日、「Google Apps Premier Edition」の管理者たちに新しい権限を付与し、「Gmail」「Google Docs」などのホステッドアプリケーションへアクセスする際にエンドユーザーが使用するパスワードをコントロールできるようにした。

 Google Appsの管理者は、パスワード文字数の下限を設定でき、各ユーザーのパスワードの強度を時間の経過とともに観察できる。パスワードが破られやすくなってきたら、ユーザーに変更を促すことも可能だ。パスワードのベースに使われている単語や名称がより一般化し、ディクショナリ攻撃の危険性にさらされやすくなると、その強度は低下する。

 Google Appsのセキュリティ担当ディレクターEran Feigenbaum氏は、エンドユーザーのセキュリティ上の選択に対し「顧客からより高い可視性が求められており、(新機能は)要望の寄せられていた機能であった」と述べた。

 エンドユーザーに提供されるエクスペリエンスそのものは変わらない。主に企業や教育機関などで構成されるPremier Editionのユーザーは、Google Appsの一般ユーザーと同様、パスワードを作成した際にその強度を視覚的なツールで確認できる。

 詳細はGoogle Enterprise Blogに記載されている。また、Googleが提供するパスワードに対するアドバイスはこちらを参照されたい。

 専門家は、より長くて、一般的な言葉とはかけ離れた文字列を使用しており、大文字や特殊文字をふんだんに活用したパスワードほど、安全性が高いと述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集