logo

憧れの人との合成動画も簡単--カシオのデジカメ「EXILIM」に新機能

永井美智子(編集部),2009年01月15日 18時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機は1月15日、デジタルカメラ「EXILIM」シリーズの新製品として、撮影した動く被写体を切り抜いて、背景となる別の静止画に合成できる新機能を備えた「EXILIM ZOOM EX-Z400」と「EXILIM CARD EX-S12」を1月23日より販売すると発表した。価格はオープンだが、いずれも3万円台後半で販売される見込みだ。

 カシオが新たに開発した「EXILIMエンジン4.0」の高速画像処理技術を使い、撮影した被写体を切り抜いて別の静止画に合成できる「ダイナミックフォト」機能を搭載。「現実にはありえない画像やメッセージを込めた画像を合成すれば、撮る楽しみだけでなく、創る楽しみ、見る楽しみが広がる」とカシオでは説明している。このダイナミックフォト機能を使って作成した動画を公開する特設サイトを公開し、商品の機能をアピールしていく考えだ。

ダイナミックフォト ダイナミックフォトを使って作成した動画の例

 専用の「ムービーボタン」を搭載し、1280×720ピクセルのHD画質の動画が撮影できる。また、被写体を自動で追尾し続けるオートフォーカス機能を進化させ、一度フレームアウトした被写体が再びフレーム内に入った場合、オートフォーカスの追尾を再開するようにした。

 EX-Z400は 広角28ミリ、光学4倍ズームレンズを採用した有効画素数1210万画素モデル。3.0型の高精細液晶を搭載し、CCDシフト方式の手ブレ補正機能を備える。フル充電した場合、約550枚撮影可能だ。

 EX-S12は幅94.2mm×高さ54.6mm×厚さ14.9mmのカードサイズが特徴。光学3倍ズーム、2.7型ワイド液晶を搭載し、有効画素数は1210万画素となっている。

「EXILIM ZOOM EX-Z400」と「EXILIM CARD EX-S12」 「EXILIM ZOOM EX-Z400」(左)と「EXILIM CARD EX-S12」(右)

-PR-企画特集