三洋電機、法人向けフルHD対応プロジェクター、輝度6500ルーメンで高精細に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は1月8日、フルHD対応の法人向けDLPプロジェクター「PDG-DHT100JL」を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は250万円前後の見込み。

 330Wのランプを2灯使用したツインカラーホイールシステムによって、1920×1080ドットのフルHD映像が表示可能。輝度は6500ルーメン、コントラスト比は7500対1、アスペクト比は16対9。画面サイズは50-600型。なお、投映レンズは別売り。

 光学部品へのホコリの侵入を防止する「新開発・密閉型光学エンジン」に加え、ランプへのホコリの侵入を防ぐ自動フィルター巻き取り機能「アクティブ・メンテナンス・フィルターシステム」も備える。このほか、映像と音声に遅れが生じることなくワイヤレスで伝送できる「非圧縮HD映像無線伝送システム」にオプションで対応する。最大伝送距離は約30m。

 入力端子はHDCP対応のDVI-D端子、HDMI端子、D-sub15端子、S端子、LAN端子、シリアルD-sub9端子が各1基とBNC端子が5基。サイズは幅400.0×高さ242.5×奥行き523.5mm、重さは約20kg。カラーはブラック。

三洋電機=http://www.sanyo.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加