オペラ、デバイス向けSDKをアップデート

文:Jessica Dolcourt(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦 、編集部2009年01月08日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Opera Softwareが米国時間1月7日、2009 International Consumer Electronics Show(CES)で同社のデバイス向けソフトウェア開発キット(SDK)のアップデート版「Opera Device SDK 9.7」を発表し、デバイス開発者へのさらなる心配りを示した。

 広い意味で言えば、このSDKはインターネットへのアクセスに「Opera」ブラウザを使っている家電機器の開発者すべてに提供されるが、ほとんどのユーザーがこの恩恵を実感するのは、セットトップボックス、ネットに接続されたテレビ、一部のポータブルメディアプレーヤーにおいてだろう。

 このたび公開された技術が、Operaブラウザを利用している「Wiiインターネットチャンネル」で採用される可能性もあるが、Operaは、本SDKで言う「デバイスメーカー」とは任天堂以外を意図しているという。

 最新のビルドは、Operaに比較的最近導入された機能を少なくとも1つ取り入れている。リアルタイム同期ツールの「Opera Link」だ。Opera Linkを使えば、自分のブックマークや「Speed Dial」への登録事項をログインしたすべてのOperaブラウザで最新の状態に保てる。

 本ビルドにはライブデバッグツールセットの「Opera Dragonfly」が含まれるほか、さらに高速になったOperaのズーム機能「Opera Zoom」も搭載している。「Opera Zoom」はハードウェアの能力が限られた家電機器で表示箇所の移動や拡大がスムーズに行えるよう支援する。さらに同SDKは、現行のウェブ標準に沿って開発を行うというOperaの公式方針に従い、「Acid3」テストに準拠している。

 同SDKはすでにデバイスメーカーに提供されている。

編集部注:本記事において、ゲーム端末「Wii」との関連性に関する記述を変更しました。この修正は、CNET News.comの原文記事が修正されたことを受けて行われたものです。ご迷惑をおかけしたことを深くお詫びし、訂正いたします。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加