logo

マイクロソフトとベライゾン、携帯電話の検索エンジンで提携--米報道

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月08日 07時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--Microsoftが2009 Consumer Electronic Show(CES)で発表する予定だったニュースが1つ明らかになった。Verizon Wirelessの携帯電話で向こう5年間、Microsoftの検索エンジンをデフォルトで採用する契約が成立したというのである。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏が米国時間1月7日夕刻に予定している基調講演で、この契約を発表する段取りになっていたが、VerizonのCEOを務めるIvan Seidenberg氏が同日、Ballmer氏の講演を控えたタイミングで、契約に言及したと、Reutersが報じている。

 The Wall Street Journalも2008年、MicrosoftとVerizonの両社が何らかの提携に取り組んでいると報じていた。Microsoftは以前にも、Verizonの携帯電話にコンテンツを提供する契約を成立させている。

 Ballmer氏の基調講演では、Verizonとの契約も発表されるものの、「Windows 7」の話題に重点が置かれると予想されている。

 2008年12月末には、Windows 7のベータ版と思われるものがインターネット上に流出した。これを受けて、今回のCESで、正式なベータ版が配布されるとの期待が高まっている。12月上旬に書かれたMicrosoftの開発者ブログでも、ベータ版が1月にリリースされることが示唆されていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集