「スカウターも作りたい」--画像認識や高速閲覧技術も積極展開するモルフォ

岩本有平(編集部)2009年01月07日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 画像処理技術を開発するベンチャー企業のモルフォ。これまで静止画や動画の手ぶれ補正技術に注目の集まることが多かった同社だが、現在ではワンセグ放送向けに動画のフレーム補間技術「FrameSolid」を提供するほか、画像処理に関するさまざまな製品を提供している。

 同社は2008年12月18日、画像の高速閲覧技術「ImageSurf」がNEC製のNTTドコモ向け端末「N-01A」および「N-02A」に採用されたことを発表した。

 ImageSurfはJPEG画像の圧縮データを高速解凍することにより、画像の展開や拡大縮小をスムーズに行えるソフトウェアだ。これまで一般的に、サムネイル表示している高解像度の画像を拡大表示する場合、画像のすべてを解凍して拡大し、その後表示を行っていた。そのためメモリの消費も多く、表示に時間がかかるという問題があった。

 しかしImageSurfでは高解像度画像を表示する際、表示に必要な部分のみを解凍して表示する。つまり画像を拡大するのであれば、拡大後に表示される部分のみを処理するため、消費メモリを削減し、高速表示が可能になる。

 N-01Aでは、このImageSurfを利用した画像ビューワー「クイックアルバム」を搭載する。タッチパネルを搭載する同端末の特性を生かし、画像の拡大や切り替えにはiPhone同様「ピンチ(2本の指でつまむ)」や「フリック(指をスライドさせる)」といった操作を行う。

 画像の切り替えの際は「スライド」「フェード」「キューブ」など数種類のエフェクトを用意するほか、顔認識技術を応用し、ワンボタン操作で画像内の顔をズーム表示する「顔サーチ」機能を備える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加