日本HP、デスクトップPCやボードPCの春モデル、5シリーズ7機種を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は12月25日、個人向けデスクトップPCの春モデルとして、3タイプの筐体サイズが選べる「HP Pavilion Desktop PCシリーズ」5機種と、タッチ操作が可能なボードPC「HP TouchSmart PCシリーズ」2機種を発売した。

 「HP Pavilion Desktop PCシリーズ」は、目的や予算に合わせてカスタマイズが可能なCTO(注文仕様生産)モデル。ミニタワーPC「m9000シリーズ」1機種、スリムPC「v7000シリーズ」2機種、コンパクトPC「s3000シリーズ」2機種の3シリーズ5機種をラインアップする。

 「m9000シリーズ」は、拡張性の高いミニタワー型の筐体に、インテル製のCPU、Core 2 Quadと、NVIDIA 9シリーズのグラフィックスなど、高性能パーツを標準搭載したハイエンドモデル。価格は7万9800円から。

 「v7000シリーズ」は、省スペースながら高い拡張性を備えたスリムタイプのデスクトップPC。CPUをインテル製のCore 2 Duo E8600/E7400(3.33GHz)と、AMD製のAthlon X2 4850e、Phenom X3 8550、Phenom X4 9750から選ぶことができる。価格はともに6万9930円から。

 「s3000シリーズ」は、B5用紙比約80%の小さなスペースに設置できるコンパクトなデスクトップPC。CPUをインテル製のCore2 Duo E8600/E7300、AMD製のAthlon X2 4850eから選択可能。価格は、インテル製のCPU搭載モデルが5万9850円から、AMD製CPU搭載モデルが3万9900円から。

 「HP TouchSmart PCシリーズ」は、画面にタッチするだけの直観的な操作を実現し、ディスプレイと一体化した薄型の筐体を採用するボードPC。固定仕様モデルとして、 25.5型ワイド液晶搭載モデル「IQ821jp」と22型ワイド液晶搭載モデル「IQ521jp」の2製品をラインアップし、同社オンラインストアで販売する。

 「IQ821jp」は、25.5型のタッチスクリーンに、ブルーレイディスクの再生に対応するBD-ROMマルチドライブと2つの地上デジタルチューナーを搭載する。基本性能は、CPUにCore 2 Duo P8400、4GBメモリ、750GB・HDD、GeForce 9600M-GSグラフィックスを搭載する。OSはWindows Vista Home Premium 32bit版(SP1)。価格は21万9870円から。

 「IQ521jp」は、厚さは67mmの22型タッチスクリーンを搭載し、奥行きはB5ノートPCと同程度の省スペース性を実現する。基本性能は、CPUにCore 2 Duo P8400、4GBメモリ、640GB・HDD、チップセット内蔵グラフィックス、DVDスーパーマルチドライブを備え、OSにはWindows Vista Home Premium 32bit版(SP1)を採用する。価格は12万9780円から。

日本ヒューレット・パッカード=http://www.hp.com/country/jp/ja/
「HP Directplus」=http://h50146.www5.hp.com/directplus/personal/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加