MS、「Exchange ActiveSync」のIPライセンスプログラムを拡大

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一2008年12月19日 14時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12月18日、「Exchange ActiveSync」のIPライセンスプログラムを拡大すると発表し、同社の「Exchange Server」やExchange ActiveSync対応の携帯電話とリンクする試作アプリケーションの開発を後押しするために技術ドキュメントを公開した。

 Exchange ActiveSyncでは、携帯電話が無線で電子メールのプッシュを受け取ったり、カレンダー、連絡先、タスクを同期したりできるようにするものだ。また、企業が無線デバイスを管理し、セキュリティポリシーを策定できるようにするという狙いもある。

 Microsoftは、プロトコルを「Microsoft Developer Network(MSDN)」に公開し、ライセンスプログラムを拡大することで、ActiveSyncアプリケーションを商品化したいという企業に必要な、手続きとライセンス条件の明確化を目指している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加