logo

BSデジタル放送の開始に伴う、携帯電話などへの電波干渉問題--総務省が注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は12月17日、2011年のBSデジタル放送開始に伴う、携帯電話などへの電波干渉問題に対して注意事項を公表した。

 総務省によると、新たに開始されるBSデジタル放送において一部の放送受信システムで、衛星から受信した電波が漏えいし、携帯電話などに干渉を与える可能性があるという。

 このため、総務省ではBS、110度CS放送受信システム設置の際には、ブースターの利得調整を適正にすることや、コネクタや配線部分の接続は正規の方法で適切にし、堅固に留めることなどを推奨している。

 また、ブースターや分配器など屋外に設置する機器はF型接栓(コネクタ)タイプを使用する、社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)で審査、登録された「DHマーク」製品の利用することなどを勧めている。

 そのほか、障害の原因調査のため、総務省や委託業者が各家庭に訪問する際は、担当者は必ず身分証明書を携行し、部品交換や改修などに費用等を請求することはないとして、注意を呼びかけている。

-PR-企画特集