映画「MacHeads」、2009年のMacworldで公開へ

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年12月16日 17時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2009年1月にサンフランシスコで開催されるMacworld Conference & Expoに参加しようと計画しているAppleファンたちにお知らせだ。お決まりの「Mac」「iPhone」「iPod」に関するニュース以外にもう1つ、期待できそうなものがある。

 というのも、MacとApple文化をテーマにしたドキュメンタリー映画「MacHeads」の制作陣が、Macworldでこの映画を披露すると発表したのである。

 この映画は、「cult of Mac」と呼ばれる現象を深く観察したもので、米国時間2009年1月7日、サンフランシスコにあるMoscone CenterのNorth Hallで初公開される予定である。

 撮影開始が2007年のMacworldであったことを考えれば、Macworldは「MacHeads」を初公開する場にふさわしいと、制作陣は述べた。

 MacHeadsには、Appleの元チーフエバンジェリストであるGuy Kawasaki氏、Apple初期の社員であるDaniel Kottke氏、DigiBarn Computer Museumの共同創設者であるBruce Damer氏、「スティーブ・ジョブズの流儀(原題:Inside Steve's Brain)」の著者であるLeander Kahney氏、そして、導入部分にはAppleの共同創設者であるSteve Wozniak氏が登場する。

MacHeads MacとApple文化をテーマにした映画「MacHeads」は2009年1月7日にMacWorldで初公開の予定
提供:MacHeads

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加