logo

NEC、868gの軽量ボディを実現したビジネス向けモバイルノートPCなど3機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは12月10日、「軽さ」「強さ」「持ち運びやすさ」に配慮した12.1型ワイド液晶搭載モバイルノートPC「VersaPro UltraLite(バーサプロ ウルトラライト)タイプVC」および「タイプVM」と、環境対応を強化したビジネス向け液晶一体型PC「MateタイプMF」の計3機種7モデルを発表した。

 VersaPro UltraLiteタイプVCおよびタイプVMは、筐体にマグネシウム合金を採用するとともに、高密度の小型マザーボードや薄さ0.2mm液晶ガラスなどの軽量部品を使用することで軽量化を実現したという。タイプVCの最軽量構成時(オプションのSSD選択時)は、本体重量はわずか868gとなる。

 また、満員電車などでの持ち運びに配慮し、天板全体では150kgf、部分的な圧力(点加圧)については25kgfまで耐えられる堅牢性を備えた。さらに鞄への出し入れを考慮し、従来機種で採用していた凹凸のある天板からフラットな天板にデザインを変更。オプションとして、細かなキズが付きにくいスクラッチリペア塗装の選択も可能だ。

 タイプVCでは、本体最薄部で25mm、最厚部では従来機種よりも約23%薄い厚さ29.8mmの薄型化を実現。最大約12.5時間(最軽量構成でリチウムイオンバッテリL使用時)の長時間駆動ができる。また、液体をこぼしてもPC内部へ進入しにくい防滴キーボードや指紋認証対応など、高水準の堅牢性とセキュリティを兼ね備えている。価格は3年標準保証付きモデルで20万3000円より。

 タイプVMにはDVDスーパーマルチドライブを搭載。最大約12時間駆動(最軽量構成でリチウムイオンバッテリL使用時)を実現するなど、高度なモバイル性能と省電力性を両立した。価格は3年標準保証付きモデルで26万2000円より。

「VersaPro UltraLiteタイプVC」 「VersaPro UltraLiteタイプVC」

 液晶一体型デスクトップPC MateタイプMFは、従来機種の省スペース性とスタイリッシュなデザインを継承するとともに、簡単なキーボード操作だけで消費電力を「高性能」「標準」「ECO」の3段階で調節できる「ECOモード設定ツール」を標準搭載した。国際的な省エネルギー制度である「国際エネルギースタープログラム」に対応するなど、環境対応を強化した。

 低消費電力と高いパフォーマンスを実現するインテル vPro テクノロジに対応。運用管理ソフトとの組み合わせによる遠隔管理により、さらなる省電力を実現できる。また、全モデルでデュアルコアCPUを採用し、DDR3デュアルチャネルサポートにより性能を向上した。価格は3年標準保証付きモデルで17万8000円より。

「MateタイプMF」 「MateタイプMF」

-PR-企画特集