KDDI、着うたフルプラスに対応した本格的な音楽ケータイ「Walkman Phone」発表

坂本純子(編集部)2008年12月08日 15時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、沖縄セルラーは12月8日、音楽を本格的に楽しめる手のひらに収まるサイズのミニケータイ「Walkman Phone, Xmini」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)を12月下旬以降に発売すると発表した。

 カラーは、グリーン×ブルー、パープル×ピンク、ホワイト×ターコイズ、ブラック×ブラックの4種類。それぞれ本体カラーと合わせたネックストラップが同梱される。

Walkman Phone, Xminiラインアップ Walkman Phone, Xminiラインアップ

 (横)44mm×(縦)75mm×(幅)18mm(最厚部20mm)という小さなフォルムで、重さは75gだ。同日発表した12月下旬より開始予定のEZ「着うたフルプラス」に対応し、よりオリジナルに近い高音質な音楽を楽しめるのが特徴だ。

 従来のEZ「着うたフル」は、HE-AAC 48kbpsだったのに対し、着うたフルプラスはAAC 320Kbpsの楽曲をダウンロードできる。価格は従来の着うたと同程度になる見込み。Walkman Phone, Xminiには、同製品のCM楽曲を提供する倖田來未の新曲「Stay with me」着うたフルプラス(ショートバージョン)がプリインストールされる。

 内蔵メモリは4Gバイト(データ保存が可能な容量は約3.5Gバイト)。着うたフルは1曲あたりおよそ10Mで約350曲、着うたフルならおよそ1曲あたり1.5Mバイト程度で約2300曲を保存できるという。また、原音を忠実に再現する音質を目指したソニーの高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を搭載した。スライド上部にタッチセンサーキーを採用し、本体を閉じたままでも曲のスキップなど音楽再生機能を操作できる。

 約1.8インチQVGA (240×320ドット) TFT液晶を搭載し、Bluetoothにも対応。小さいながらも押しやすいハードキーや高感度マイクを搭載するなど、携帯電話としての使いやすさにも配慮したという。ただしおサイフケータイには対応しない。

周波数分析による比較 周波数分析による比較
倖田來未さんと小栗旬さん 倖田來未さんと小栗旬さん

 なお、auの秋冬商品ラインアップは、今回発表されたWalkman Phone, Xminiをあわせて全12機種。KDDI 取締役執行役員常務 コンシューマ事業統括本部長の高橋誠氏は、「今回のauにラインアップは数が少なく見えるかもしれないが、1月にも十数機種が控えている。合計20数機種で元気なauとして一歩前に進んでいきたい」と、他社と同等のラインアップで戦っていくことを明らかにした。

 会場には、CMキャラクターを務める小栗旬さんとCM楽曲を提供する倖田來未らが駆けつけた。小栗さんは「ケータイだと思えない大きさ。これを持ったら絶対にモテると思う。小さいのに音楽も聴けて、電話もかけられてすごい」とコメント。倖田さんは「そのまますごく可愛いので、デコする必要がないぐらい。色違いで持ちたい」とデザインを絶賛した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加