Techmeme新採用の編集者に聞く--アルゴリズム生成型サイトにおける人間の役割

文:Rafe Needleman(Special to CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2008年12月09日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Techmemeの設立者であり開発者でもあるGabe Rivera氏は米国時間12月3日、アルゴリズム生成型の技術ニュースアグリゲータである同サイトに人間の編集者が現在いることをブログ記事で明らかにした。新たにTechmemeを管理するのは、以前ValleywagWired.comのブロガーとして知られたMegan McCarthy氏である。

picture1 Megan McCarthy氏
提供:(c) Brian Solis, used with permission

 そこで筆者は、McCarthy氏に自身の新しい役割について質問した。同氏は、「収集された記事をすべて見て、それらが最新で関連性があるかどうか確認している」と説明し、Techmemeの投稿記事は毎日140から150あると述べた。同氏の役割は、Techmemeアルゴリズムに指摘された間違った記事が掲載されていないこと、記事が適切にグループに分けられていること、そして最も重要な記事がサイトの上位に掲載されていることを確認することだ。記事の分類には依然としてアルゴリズムとリンク分析が使用されているが、デフォルトの記事一覧とグループ分けは現在McCarthy氏が最終的に決定し変更を加えている。

 Techmemeは、WeSmirchmemeorandum、およびBallBugサイトも運営している。McCarthy氏はTechmemeサイトに重点的に取り組むが、時々ほかのサイトもチェックするかもしれないと述べた。

 Techmemeは24時間配信のニュースサイトだが、もちろんMcCarthy氏が24時間勤務することはできない。同氏は「私がいつ仕事をして、いつ休んでいるかは分からないと思う」と控えめに述べた。「非常にシームレスなものになっているはず。数週間前に仕事を始めたが多くの人が気づいていない」(McCarthy氏)

 公平を期すために言うが、実は気づかれている。米CNETニュース編集室のあるライターが最近筆者に話したところによると、Techmemeの記事グループでは、最もリンク数が多い記事だけでなく、新しいニュースを初めて伝えている記事が以前より頻繁にグループトップに掲載されているという。

 Rivera氏は、McCarthy氏を雇用したことを発表したブログで「Techmemeのヘッドラインに不満をもつライターと広報担当者は憤りの大半を是非Meganに伝えてほしい」と述べた。これについてはMcCarthy氏のValleywagでの経験が役に立つだろう。同氏は「人が私の仕事に不満を抱くことについてかなり豊富な経験がある。Valleywagでは称賛よりずっと多くの苦情を受けていた」と言う。自身の新しい役割について、「フィードバックがほしい。どんなフィードバックも役に立つ」と述べている。

 McCarthy氏は、苦情以外に、サイトの上位に自分の投稿記事を載せてほしいブロガーからの懇願を受けることにもなるだろう。「Valleywagで逃げたり隠れたりしていたことに比べたら、私にとって歓迎すべき変化。突然メールが送られてくるときを楽しみにしている」(McCarthy氏)

 McCarthy氏に特定のブログや特定のタイプのブログ(例えば主流派よりも新進気鋭のブログ)を推進する任務があるかどうか質問すると、「記事ごとに対処する。報道されている記事に独特な内容を加えるものであれば、より多くの人にその記事を公開したいと主張できる」と答えた。

 McCarthy氏のモチベーションや編集の観点については明白かもしれないが、Techmemeのアルゴリズムは依然公開されていない。記事を掲載するコードを公開する動きがあるかどうかMcCarthy氏に問うと、「それはGabeに質問することだ」と異議を唱えた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加