SNS利用者の4割強が「アクセス回数以前より減った」

アイシェア rTYPE リサーチ2008年12月04日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 mixiやモバゲーなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。ネットユーザーの利用頻度はどうなのか?20代から40代を中心とする男女394名の回答を集計した。なお、2006年7月にSNSに関する調査を行っており、今回は一部比較もあわせて行うこととする。

 SNSを利用しているか?との問いには、全体の35.8%が利用していると回答し、前回調査の34.2%とほぼ同じ割合となった。男女別では女性が 39.3%で男性を約7ポイント上回り、年代別では若い年代ほど高く、20代で52.6%と半数を超えている。30代は40.6%、40代は27.4%だった。

 SNS利用者に、アクセス回数はどのくらいかを聞いたところ、1日に数回が最も多く39.0%。また1日に10回以上は13.5%となっており、あわせて 52.5%と半数を超える人が1日に数回以上アクセスすると回答した。

 ちなみに前回調査では、「1日1〜2回」が24.2%、「3〜4回」が16.5%、「10回以上」が12.2%で、アクセス回数には大きな変動はないと言えそうだ。

 SNS利用者に、利用初期と比べてアクセス回数はどうなったかを聞いたところ、「以前より減った」が43.3%と最も多く、「以前と変わらない」が41.1%、「以前より増えた」は15.6%。性別・年代別でも同様の傾向で、初期に比べ減少傾向の様子。

 減った理由の自由回答を見ると、「飽きた」「興味が薄れた」「目新しいものがなくなった」といった声が多く見られた。

 SNSから始まる恋は「アリだと思う」としたのは52.8%で2006年時の66.1%に比べ15ポイント近く減少。ネット犯罪の増加が関係しているのだろうか。

 また、男女別に見ると、女性で「アリだと思う」と回答したのは半数以下だが、男性は56.2%とやや高い結果となった。年代別では若い年代ほどアリの割合が高く、20代では63.2%となっている。

 調査はブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。

画像名

関連調査:SNS依存「1日10回以上アクセスする56.4%が日に3時間以上熱中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加